歯並びをそろえていく方法です

歯ぐきや骨が崩壊する……ということは珍しくありません

歯菌は糖分が大好物
成人してから体のバランスがしっかりと取れるようになるには、乳歯が残っている時期、すなわち成長期にあごを大きくしていくことがいいのです。
乳歯が生え換わって永久歯が成長する過程で、その成長がスムーズに行える環境を整えることが肝要です。
治療例をご覧ください。噛み合わせ治療で、歯並び-“あごバランス”を改善した小学生の歯並びをご覧いただきます。

①乳歯の残っている時期にすでに前歯が凸凹です。このままでは将来歯並びが悪くなります。矯正してもあごが小さいので歯並びをよくするために歯を抜くこともあります。

②あごを大きくしてすべての永久歯がスムーズに生える環境を整えます。乳歯が残っている時期にします。

歯肉を痛めない範囲で少しずつ
たとえ凸凹になってもあごが大きいので矯正の程度は軽くてすみま
③あごが大きくなると、歯にはもともと決められた自分の場所に行き、並びたいという自然治癒能力が存在して、その位置に移動していきます。その効果を生かしてあげるのそして、大人になって不定愁訴が残ることになりかねませんから、まずはあごを大きくして永久歯が生えるようにすることです。
すがこの時期なのです。
さらに、よく噛むことで歯はしっかり噛み合ってきます。
歯には、それぞれの役目があります。

歯茎に触れる時にチクチクするのです

子供の歯は一本も無駄にできません。
抜かないですべての歯が機能するように見
多少でこぼこな歯があってもすべての歯がそろうあごの環境を整えること、それには五歳から十七歳までに、あごを大きくすることが肝要だと考えます。
下の歯の前歯がでこぼこなのはこの時期に上のあごを大きくする必要があります。
筋肉が最も楽なあごの位置で噛んだ咬合-でそれによりあごの歪みが体の前掲の写真から、さらには、重心咬合多くの患者さんを診て、あごが小さいことが歯の発育を阻害し、噛めるようにならないと、体の不調の発現につながることもあります。なぜなら、バランスに波及し、様々な不調を招く.因になっていると確信できるからです。

歯軸が立ち上がったことによって永久歯質が脱灰されて起こるあごが小さいと歯がでこぼこになり、噛んだときにバランスよく噛めないので顎関節に不安定な動きが伝達され、噛んだときガクガクとかグニュグニュとかイヤな音を経験したことがある方もいらっしゃると思います。
かがくとうかがくかそのまま放置しておくとあごが歪んでさらに強い力が顎関節に伝わり、関節円板--顎関節の下顎頭と下顎窩の間にあり、クッションの役割を果たしているをつぶすことになり、円板は正しい位置からずれてしまいます。

歯根膜というクッションがあり

円板がずれると、なかなか元の位置に戻りません。そのため「どこで噛むのがよいのか」もわからなくなってしまうのです。当然、精神的にも苦痛がともない、治療も困難にですから、発育期においてあごの成長を助けることはとても重要です。成長期にこそ、正しい噛み合わせの管理や治療が必要です。その大事な治療をpart-3で述べるSASOシス虫歯予防のために歯磨きをするように、噛み合わせあごバランスに関しても日頃から予防を心がけ、予防の第歩として子供さんの噛み合わせに注意することもは大事ななりますテムが行います。
ことですRO脚が治った!信じられないと言った患者さん「O脚が治った」と言って、満面の笑みを浮かべて連絡をいただいた患者さんがいらっしゃいました。
2に写真を載せましたが、この人は子供の頃から。脚だったと話されています。
この人にお願いして、治療前の写真を持ってきていただきました。

歯医者を怖いところだと思い込んでしまいます

弊院は歯科専門ですから、全身的な症状を治しているわけではありません。
“あごバランズと体軸·体幹の関係はすでにお話ししてきたとおりですが、口腔内の噛み合わせをいかに自然な方法で改善するかを考えているだけなのです。
これほど全身と関係しているとは正直驚いています。
噛み合わせo脚は生活習慣が原因でなるものだといわれています。しかも、O脚は骨が曲がっているわけではなく、曲がっているように見えるだけだと言います。つまり、O脚は膝や骨盤の歪みが原因と考えられますから、この患者さんのケースは、あごの歪みを修正したことに始まり、体軸·体幹のバランスも整い、膝や大腿骨に与えていた筋肉のストレスが取れて脚が治ったと考えられます。

      歯は悪くなくても根に負担がかかって
      腫れて痛む足とソーツとマッサージする感じに似ています
      歯を大事にしてくれる先生に総入れ


歯質が脱灰されて起こる 3分しかないならお口の中全部を磨かない 歯周病予防に効果的な裏ワザとも言える方法がフッ素入り液体