よく噛める様になってしまったので上の奥歯

歯がもとに補修されます

その“あごバランズをSAS。システムで正常な位置へ戻してあげること-これを··あごパランス治療”と言いますーによって、多くの患者さんから驚きの声があがっています。患者さんが取り戻した治療効果の一例は次のようです。
顔の表情がよくなって、何となく美人になったように見える不眠症や無呼吸症が解消した慢性疲労、倦怠感が解消した猫背が治って姿勢がよくなった肩こり、頭痛が消えていたイライラがとれ、気分がスッキリして、毎日のやる気が出てきたそれらの結果、毎日が楽しく暮らせるようになったもちろんSASOシステムで“あごバランス”を正すことは、患者さんの姿勢や猫背を治したり、肩こりを取ることが目的ではありません。よく噛める様になってしまったので上の奥歯ただ結果として、あごのズレを調整して正しい位置に収めるだけで、このように体に様々な好影響を与えるのです。つまり噛み合わせ不全を治すことが、人間の体軸,体幹に影響を及ぼす根本的な身体のバランスを調整する、という結果をもたらしたことに他ならないからです。
あごの歪みを正して、脊柱の湾曲が直った例姿勢の顕著な改善例を写真で示します。
は小学生の男の子の写真です。診察に訪れたときは、直立した体の中心線から大きく外れていました。
苦痛を感じて暮らしていたに違いありません。

歯医者さんに行った時治療のつい

  • 歯は誰でも痛くなるからね
  • 歯垢も取ってもらいました
  • 歯磨き粉の選び方


歯医者さんの変え方なたの歯を守りより快適


歯磨き粉はこれぐらい使って

これだけずれると、人には“落ち着きがない”この男の子は絶え“集中眼·鼻·顎のラインが、ず体を動かしていないと体を支えきれず、日常の生活もままならないほど落ち着きなく、心を欠いている”などといわれて、心は傷ついていたかも知れません。
とか、原因は“あごバランス”の歪みにあったのです。治療後の写真をご覧ください。あごのラインが肩と平行になり、肩の左右の線が水平を保てるようになりました。そして、あれだけ湾曲していた体軸、つまり正中線-正中線とは、人体の前面·背面の中央を頭から縦にまっすぐ通る線を言います。

歯科医院激戦区であるということは既に歯科医院を構築すれば

通常は目に見えませんが、時に妊娠中に茶色の筋のような線がおへその中心を通ってお腹に現れる場合があります-が,直線になり、頭部を体の中心で正しく支えています。“あごバランス”を正しい位置に直して、あごの歪みの原因となっていた噛み合わせを修正するだけで、本人の自覚とは関係なく、いっの間にか湾曲が矯正されたのですから、まるで魔法のようです。


歯を綺麗に覆うように理想的

プロバイオティクスの安全性の確立

せいちゅうせ
波及していくことがあります。漠然としていて捉えどころがないにもかかわらず、不調を自覚するようになります。
苦しんでいるのに、誰にもその原因を探ることができないのです。これが不定愁訴です。
内科や外科を訪ねても不調の原因は解明されません。
本人は当の本人の苦しみはいかばかりかとお察しします。
そして、「誰にもわかってもらえない」と悩み、自分だけが特別だと疑うようになり、気力が低下して行き、ついには「廃人歩手前まで行きました」と述懐する患者さんもいらっしゃいました。


ムシ歯でも歯槽膿漏で

これにはさすがに驚きましたが、精神疾患でないにしてもそこまで追い込まれて孤立化することもあるの患者さんの苦しみを救えなければ、医療とは何のためにあるのでしょうか?歯科医として自問自答することもありました。
不定愁訴をおわかりになっていただけましたか。不定愁訴は健康な心身をも蝕む見過ごしにできない症例なのです。そしてそれは、屈強でバリバリの気丈夫な人も、誰もが陥でする危険性と隣り合わせにあると思います。
歯科医として多くの経験から、その原因は“あごバランス”であったと思われる事例を診てきました。


よく噛める様になってしまったので上の奥歯 子供用の歯ブラシの場合 歯の治療に関係ないかもなんて考えないで何で

歯にはめ込むだけです

じゃまくさいからイヤ

不定愁訴は“SASOシステム”が直します弊院を訪れた患者さんで、「噛み合わせを診てもらったら不定愁訴が消えた」といわれる方が結構多くいらっしゃいます。
これは噛み合わせからくる“あごバランス”と不定愁その事実が確認でき噛み合わせと不定愁訴の関連を指摘する専門の先生がいらっしゃいました。
訴の間に予期せぬ因果関係があったということです。
たということです。
それまでの医療現場でも、ある20代の患者さんです。彼女はニッコリ笑うと白い歯がこぼれる、紛れもなく口元美人と言っていい女性でした。ところが来院された時には、表情に生気がなく、全身の健康状態も大いに気になりました。話し始めは目を合わせていたものの、話しているうちに次第にうつむき加減になって行きました。
歯科医院で施術してもらう方法です

「ある歯科医院で歯並びを治してから、体のあちこちがおかしくなり始めたんです。それまで何ともなかった歩くことさえ辛く感じられるようになって、長時間歩けなくなってしまいました。それだけではありません、頭痛に肩こり、冷え症と、次々に不快な症状が出て悩みました。病院で診てもらったら、『女性特有の不定愁訴ですね、女性である以上ある程度は仕方ないこと』などと軽くいなされて、薬はもらってみたけれど全然効かないんですよ」彼女の口の中を見る前に、彼女が診察室に入って来る時の姿勢を見て、まず気になるところがありました。

  • 歯医者さんにとってで
  • 有効成分が届かないと虫歯
  • 歯になりませんでしたね

歯周病口臭の原因の中で最も臭いが強く

それは、左右の肩の高さの違いがはっきり見て取れたことです。要するに身体の左右のバランスが取れていない、言い換えれば体の重心がしっかり定まっていないということです。“あごバランス”に何か問題がありそうなのは、経験的に判断できました。
取れたと言います。
「いったい、今までの私の苦しみっていうのは何だったんでしょうね。“あごバランス”SASOシステムによって、早速診察を開始することになり、“あごバランス”の不全を解決したとたん、それまで苦しんでいた不定愁訴と診断されていた症状が、ものの見事にが原因だってことには、まるっきり気がつきませんでした。
実際に“あごバランス”が良
くなると、ほかは何にもしていないのに元気になってしまうんですからね。
歯科医療従事者に紹介してもらった歯科医院を探す
歯垢を落とすようにしましょう
もっと早く気付けば良かったですが、でも、このSASOシステムと先生にお会いできなければ治らなかったでしょう」“あごバランス”を正しく整えることは、人間が快適に生活する上においても、きわめて重要なポイントであることを、この患者さんに教えられました。
様々な検査を終えて、なおかつ不定愁訴と診断された人は、あごに原因がある確率が高い不定愁訴にまつわる話をすれば、事例に事欠かないほどの患者さんを診てまいりました。
ここに,節を割いて取り上げたのは、“あごバランス”は人間の成長や心身の安定とも密接な繋がりがあることを訴えたかったからです。
はじめの頃は、SAS。システムも知名度がなく、最初から不定愁訴を訴えて来院される患者さんはいませんでした。歯やらレントゲンやら歯医者が嫌いな方に多いですね

歯磨きに関するこんな主張

ところが、インターネットで“あごバランス治療”の話を載せたところ、不定愁訴で悩みを抱えられる患者さんも訪れるようになりました。先ほど、「廃人歩手前まで行きました」と述懐する患者さんの言葉を紹介しました。この患者さんは、建設機械の部品製造会社の社長さんで働き盛り、でも長い間不定愁訴に悩まされていました。否、不定愁訴というのは本人が納得できる病名ではないのです。どの病院を訪ねても病名が付けられないから不定愁訴なのです。
この患者さんはこういわれました。
治療を始める前の私はまさに『廃人』のような状態でした。
歯科医療従事者に紹介してもらった歯科医院を探す歯やらレントゲンやら歯医者が嫌いな方に多いですね

歯やらレントゲンやら歯医者が嫌いな方に多いですね

とにかく疲れやすく、こみ、腰をもんで、膝をもんで、ようやく立ち上がるといった状態でした。
たった5分でさえ歩くことができない。
無理に歩こうとすると数分ごとに苦痛からしゃがみおもり24時間、錘が乗っているような頭と肩には、さらに悪いことに、ときたま鉄の爪でギュッとつかまれるような激痛が走る。
目覚めてから眠るまで、この状態を引きずって暮らしている。
このような体では仕事ができるはずがありません。そんな体のこと、仕事のことで悩みはつきずノイローゼのようになっていたのです。これでは、こんな重篤な症状をお持ちの患者さんが、たった“あごバランス”を調整するだけで、見事に症状が晴れてしまうのですから、誰もが驚きました。